2018年

10月

08日

航空適性検査・マルチタスク試験

大手航空会社の2018年自社養成パイロット採用試験も一段落し、現在はLCC数社の自社養成

パイロット試験が進行中です。

また、大手航空会社のパイロットインターンシップ募集が始まっていますので、興味のある方は

是非エントリーしてみてください。

自社養成パイロット採用試験は、エントリーからグループ面接、更には心理適性試験、テスト

センター試験、航空適性試験、会社によっては操縦適性試験も、航空身体検査etc.と大変長い期間に

渡って行われる沢山の関門を通過(合格)して行かなければなりません。

中でも、航空適性試験 = 操縦適性試験と思われがちですが、自社養成パイロット試験では全く

異なるものであり、航空適性試験 = 航空業務適性試験= マルチタスク能力試験です。

パイロットに必要な素養を測るための特別プログラムであるため、一般的な操縦体験や操縦練習では

対応できないものです。

詳しくは、フライトアミューズの航空適性コースをご覧ください。

 

 

 

 

2018年

8月

20日

航空身体検査 あちらこちら

大手エアライン自社養成、航空大学校の身体検査が進行中です。

どこも1次検査(通常の健康診断レベル)、2次検査(航空身体検査レベル)に分けて行われていますが

ご両親から頂いた身体を信じて臨むしかないとは言うものの、2次検査ではパイロットとして重視される目、耳、平衡感覚などの項目は緊張と不慣れから思わぬ失敗が起き易いので注意してください。

参考に ” 航空身体検査について ” ページをご覧ください。

2018年

8月

15日

2018年 パイロット受験進行中!

今年も初春から夏の大手エアライン自社養成試験があり(未だ一部進行中)、7月22日には航空大学校の1次試験がありました。

プロのパイロットを目指す方々には長い長い試験生活の中、それぞれの合格発表のたびにヒヤ汗の日々です。

フライトアミューズからも多くの方が挑戦されていますが、航空適性試験(マルチタスク/操縦)についてはほとんどの方が合格するのですが、

その後の英会話面接、航空身体検査 etc ! なかなか厳しく最終面接まで通り抜ける方は少ないのが現実です。

何と言っても最終合格率 1.0 % ~ 0.5 % と言われる大手エアライン自社養成試験ですから、試験が進めば進むほど甲乙付け難い強者どもの

僅差の闘いになるわけです。 はたで見ていてもハラハラドキドキ! 本当に辛いものがあります。

一方、某大手エアラインでは30歳くらいまでの方を対象にした既卒対象自社養成試験を始めたり(大変異例なこと!)、某LCCでもスタイルは

異なるのですが自社養成を発表したりと、パイロットを目指す方には幅広い朗報もあります。

昨年から航空大学校も募集人員数を大きく増やしていますし、それくらいパイロット不足が真剣に検討され、対策が実行され始めたようです。

パイロット就職はボンヤリとした夢の一つではなく、現実的な挑戦と頑張りの世界になっており大変良いことだと思います。

秋には自衛隊の航空学生の試験も始まりますから受験資格を満たす方は是非トライしてみてください。

私も、もう40歳若かったら!? 挑戦だけはしてみたいですね♬  

 

 

2017年

7月

22日

大手エアライン自社養成 適性試験合格 ♪ おめでとう ♪

夏を迎え大手エアラインの自社養成パイロット試験が進む中、お二人の方が航空適性試験に合格されました。

その体験をお聞きしてみると、合格者の多くが何らかの事前準備をされていることは明らかなようです。

航空適性は特別な理由の無い限り誰にでも備わっているものですが、やはり事前の準備をした方とそうでない方には大きな差が出てしまい、それが合否に影響しているのも事実のようです。

もちろん採用側も最初から上手くできることは期待していませんが、与えられた時間内でのプログレスには注目しています。

最近の自社養成適性試験はマルチタスク能力試験であり、操縦そのものではなく、操縦の要素を含む情報処理能力試験の形をとっています。

マルチタスクには順応性、柔軟性、正確性、耐久性など多くの適性が必要であり、受験にあたっては頭と身体の

中に眠っているマルチタスク適性をできるだけ事前に引き出し向上させておきたいものです。

2017年

6月

11日

bayfm78 ラジオ生放送!

5月31日(水)18時から bayfm78 のラジオ生放送に出させていただきました♪♪♪

いやぁーーー!もう! 緊張でガチガチの10分間でした・・・汗汗汗。

DJの島村さんがとても明るく優しい方で、フライトアミューズの特色や魅力を上手に伝えてくださいました。

感謝!感謝です♪

当日のホームページ訪問者も400名を超えて、さすが! ビッグメディアですね。

これからも幅広い航空ファンのご期待に応えられるよう頑張ってまいりますのでヨロシクお願いいたします。

フライトアミューズではセスナからジェット旅客機まで10種類以上の飛行機を操縦していただけますので、ご自分のお好きな機種を極めてください。 それぞれのコックピットパネル、飛行特性、操縦感覚などを凝り性?の私が追及しています。

今後はセスナクラブ、バロンクラブ、キングエアクラブ、YS11クラブ、サーブ340Bクラブ、Q400クラブ、737/737NGクラブなど、それぞれの機種に特化した “深堀り趣味クラブ” なども始めたいと思っています。

もっと知ろう!もっと楽しもう! もっと本格的に! これこそ!フライトアミューズ です♪