FMSコース(1回2時間) 5,000 円(税込)

フライトシミュレーターゲームでも737-800のような新世代機種をリアルに飛ばすにはFMSの知識と操作が必要です。出発前にFMS(FMC)に基礎データを正しくセットしないと離陸すらできないことがあります。

ここではシミュレーターで737-800の出発~到着までのオペレーションを行いながら、その中でFMSの知識と操作を実践的に学ぶことができます。

専門的な知識も操作もフライトの中で体験すれば楽しく効率的に習得することができます。

30分の説明(ブリーフィング) + 1時間30分の操縦練習をして頂きます。

FMSを使って737-800をもっとリアルに飛ばしましょう!

< 離陸に必要な基礎データ入力の一例 >

※ パイロットは出発前にフライトに必要なデータをFMS(FMC)に入力します。

オーバーヘッドパネル(ダミー)もついて雰囲気満載♪

※ 本物のように見える737-800のオーバーヘッドですがもちろんダミーでSW機能はありません。

  そもそもオーバーヘッドは出発前のセットアップと運航中の異常事態対応に操作するものであり、

  フライト自体を楽しむことにあまり関係がないからです。

 

 

さすが!某航空会社 現役の737-800教官は操縦が上手い! コントロールレスポンスが大型機らしいしオーバーヘッドパネルは本物の雰囲気が良く出ているね♪とお褒めいただきました。

 

私の先輩でやはり元大手航空会社のパイッロットさん♪

最近操縦していないからなあと言いながらスイスイと楽しくフライト。やっぱりプロは違いますね。